読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016イラン その9 ペルセポリス

シラーズからペルセポリスへ行くには現地ツアーを申し込むか、個人で車を手配して行くかどちらかになります。集団行動が根っから苦手なのでツアーは選択肢に入りません。 個人の場合、移動コストが一番安くすみそうなのはシラーズの北50kmほどにある町マルヴ…

2016イラン その8 シラーズ編

シラーズはテヘランの南約600kmに位置しています。アケメネス朝の中心地として栄え、ダリウス1世が築きあげアレクサンダー大王が火を放ったペルセポリス(ペルシア語ではタフテ・ジャムジード)が北東60km程の場所にあります。古来から著名な詩人を幾人も輩…

2016イラン 番外編 トイレのこと

海外旅行でカルチャーギャップに苦しむ原因は、生命維持活動に関わる部分であることが多いです。衣食住いずれかが順応できないと、楽しい旅行が憂鬱なものになってしまいます。幸い俺はそういう変化を楽しめる性格なので、今まで海外でそのようなトラブルに…

2016イラン その7 テヘラン観光~パスポート行方不明編

ホテルの朝食は一応ビュッフェ形式という体裁でしたが、卵(目玉焼、イラン風卵焼き、ゆで卵)、炒めたポテトとソーセージ(チキン)のメイン料理と、サラダ(キュウリ、トマト、クリームチーズ(しょっぱい)、オリーブ、ドライフルーツ(デーツ等)にヨー…

2016イラン その6 テヘラン早朝散策編

時差ボケで早朝に目が覚めます。5月はサマータイムなので、日本との時差は4時間30分。 ホテルの窓から見た風景 四角い建物ばかりなのはイラン・イラク戦争時にやたらと建てられたというソ連式集合住宅の名残か?

2016イラン その5 テヘラン潜入編

両替をしたあとは空港のSIMカード販売店でプリペイドSIMを入手します。 イラン国内はLTEもサービスが始まったらしく通信環境は悪くないようです。リサーチしたら7日間限定のプリペイドSIMというのがあるようなので販売店のお兄ちゃんに尋ねたところ、英語が…

2016イラン その4 両替編 『現金に手を出すな』

昼下がりのイマーム・ホメイニ空港 市内へ向かう前に空港で両替とプリペイドSIMを手に入れます。 長年アメリカ・EUから経済制裁を食らっていたイランでは、クレジットカードが使えずATMもローカルの銀行オンリーなので、外国旅行者はとにかく現金を確保する…

2016イラン その3 入国編 『まずあっちの窓口へ行け』

ビザが必要な国はほとんど渡航経験無くて(カンボジアくらいかな?)、旅行前に書類や写真を用意するの面倒くさいので、つい二の足を踏んでしまいます。 イランは数年前まで身元保証人が必要だったり、ビザを申請するための発給番号(整理券みたいなもの)が…

2016イラン その2 フライト編

今回は初めてづくしの旅行でしたが、行き帰りに利用したカタール航空も初めて。 燃料費にアドバンテージがあるのか、他社に比べて割安の料金、広めの座席、エコノミーでも割と充実したアメニティ、バラエティに富んだエンターテインメントと満足度はなかなか…

2016イラン その1 出発の前に

ゴールデンウィークにイランへ旅行しました。 海外旅行はそこそこ行ってますが久しぶりに隅から隅まで面白い旅行だったので、再訪への備忘録もかねて旅行記を書いてみます。 1年くらい前に思い立ち、イスラム国のゴタゴタが中東へどう影響するか様子見のま…